FC2ブログ

薙ぐ ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

薙ぐのページです。

薙ぐ

 
ふくざつを排すのは
なぎゆくこの身だ、
身を文にひたして
百草を編まず狩り倒せば
みなもの地紋が
足からのぼりだして
一身が炭酸の塔
風路ともつながる
そうなれば愛す身は
対象のうえに剰り
接線を崩れてゆく
コンナ愛シカタ
植物の昆虫にあったか
世に八角形のものを
めざとくみつけては
蜂の尾を振る
振って小さすぎる
水滴を頭上に爆ぜる
お前だ蜂角形
部分の植物は薙ぐ
 

スポンサーサイト



2008年04月27日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する