掌炎 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

掌炎のページです。

掌炎

 
 
【掌炎】


おとことおなじもの
たとえばことばが
おんなからはなたれて
そこに火のちがいを
みいだすとゆれる

発語の性がきまるのは
やさしい語尾でなく
ことばどうしをつなぐ
くきのたわみによってだ

てのひらにイチゴをのせる
おんなの詩があれば
てのひらから白昼が炎える

いつのまにかイチゴもない
このとき自他のたわみを
おんなの火が奔りゆく
おんなみずからを逃れるような
うつくしいただの迅さで
 
 

スポンサーサイト

2014年07月03日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する