ホテル ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

ホテルのページです。

ホテル

 
 
【ホテル】


ずっとだまっているから
はずかしいあえぎをきかせて
きみはぼくの消音装置
きえてゆくようにその傍らへいて
作用のふかさに再帰してにじむ

発音であるどこにいる、を
ここにいるにのみ替えるとき
ばしょじたいを諦めがふかめる

そうだてのひらはやわらかい
うたわれる誇りにもまして

だからおんなの同性愛の
傍流としてみずからが
寝床へ挿木されることがある
それが流行、不易などない

みていたことをすべてにする
そこホテル、チェルシー
 
 

スポンサーサイト

2014年07月08日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する