身塔 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

身塔のページです。

身塔

 
 
【身塔】


まやみへあたまをあずけ
くびなしとみえるひとがいる
てあしではなくほんしつの
かけていることがおそろしい
そういう慰安をみとめてと
さそうこころすらこわい

月齢のこよみをみると
まんげつの七月は十二日
かけているところから
塔になる身があると
月下にぬれてくれるまで
そのひとはうでをたらして
ながめの端にひそむのか

そこをさわってもなにもない
とは幼い陰裂のことだ
けれどとおさをさわっても
おなじぜつぼうがゆれる
 
 

スポンサーサイト

2014年07月10日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する