竝 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

竝のページです。

 
 
【竝】
 
 
ひとがならぶのではなく
ならぶものみなが
いつもひとになると
いいかえてみるのなら
うすあおいくうきも
ひとがたにくりぬかれ
わたしへ添ってくるから
橋上の風すらふしぎだ
このときは似ていることで
総身がしずくをこぼす
おもえば似ていることとは
そのものの内がわにある比例が
そのものとわたしとの比例に
かさねってゆく体感だった
だからそのもののなかへ
わたしがしずかにはいって
うすあおくくりぬかれる
さみしくおんなのしたにいて
うすあおいものとわたしは
有漏をなかだちにならぶ
 
 

スポンサーサイト

2015年01月15日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する