門 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

門のページです。

 
 
【門】
 
 
紙背にそのまま穴をひらく
門という字のさそいがみごとだ
ないものをふくむ象形だから
それは紙上にさえのらずに
おのれをちがうものとしている
戸口までに植えこみがあり
やわらかくまがるみちが
ひとつの音楽的なながさだと
あるくじぶんをおぼえてしまう
からだはいつも字にゆさぶられる
むろん門が空漠のなかにのみ
しるしめいて建つ悪日があれば
ゆうわくもたかさへとかわり
ひとの脳葉をかげらせるだろう
くうかんを端的に宇というが
春の門秋の門とくちずさむなら
くうどうをきせつがわたって
字ひとつにも宇があるとしれる
左右で奥をかこむ門からは
あいだあいだがとおくゆれる
 
 

スポンサーサイト

2015年02月14日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する