皿 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

皿のページです。

 
 
【皿】
 
 
つれあいがあがなった皿のうち
とりわけてすきないくつかがある
さんま皿がそのひっとうだが
こないだの小皿も良い載せをする
そこへ木の実などをひろげると
たちまち獺祭となるのだから
かりずまいのかまえそのものも
にすがたで食すことができる
思想のいう星座はむすびのみならず
きえてゆくながれにもみとめるべきだ
それで前節に果てた虫さながらに
ちいさなものをこまごまつまみ
川のながれをとろけて聴いて
さかずきでそれをゆめにかえる
《秋風や模様のちがふ皿二つ》は
こころいっさいをかえた句だが
おわらない冬では皿ひとつに
ただいろいろを載せかえつくし
しまいになくなったそのふかさを
ぼうぼうとみおろすまでになる
 
 

スポンサーサイト

2015年02月27日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する