針 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

針のページです。

 
 
【針】
 
 
ゆうがたがきれいなら
そのしたをゆくひとらの
膵がきらめいていると
いつもかんがえてしまう
星をうつすかおがぼんやり
しょうじるまえの一刻は
身に針孔もあいてみえるのだ
そういうのがひかりだろう
ゆうがたには陽のかたのまぢか
ひっそりとしろさがこぼれ
ひとのものともそらのものとも
わけられない孔がかなしむ
おとろえをめぐらすくうきが
ありとあらゆるとおくをつたい
その金星に針をとおすのがかたい
せんかたなくまわりまでとらえ
視にじかんがまざらずにはいない
おなじきんせいはそれじしんに
いくどももどりかえって
にじんだりもしている
 
 

スポンサーサイト

2015年03月07日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する