抛 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

抛のページです。

 
 
【抛】
 
 
たたく棒が神的に球をたたき
おおきな抛物線がうちあげられ
その軌跡が空のただなかへきえる
うたれたものはいつまでも落ちてこず
内野すべてが暮色をかんじ帰っても
わたしら外野はずっと天をみあげ
守備位置をくずさないでいた
そのうちに天上こそ奈落と気づき
ときたま打席の神的なものまで
外野から遠望するしだいとなった
配置にはあけはなたれた門が
ふざいの敵軍や天やわたしらとして
ふくざつにつなぎあわされていて
わたしらがどこにたつのかも
じかんの前後によりわからなくなった
大飛球のときは天がうつわであるかぎり
しずかにとまりそれじたいを時熟する
わたしらの守備はうごかぬままに
たがいのへだてをふくらませてゆき
ほこりっぽい幾春かがさらにめぐった
 
 

スポンサーサイト

2015年03月18日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する