欄 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

欄のページです。

 
 
【欄】
 
 
まるく独立させると
ようをなさぬものとして
ひとつの木橋はあるだろう
はるにはうかぶものが
あまたあふれだすが
わずかな桁すらかすんで
まなかにねむる犬を
しずかに置くようになる
かおをなす川のうえへ
みずのめだまをかさねて
ふる橋はみずからのまるに
せまく犬をはさみこみ
ただほそめてはふじいろに
その息も微風へとかえた
橋のかかりにきのうがみえ
わたりがたちきられると
おばしま、今にいう欄干も
走馬のようにまわるのだ
あかるむすべては犬の
ふじいろの寝息とともに
 
 

スポンサーサイト

2015年03月29日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する