鉤 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

鉤のページです。

 
 
【鉤】
 
 
どんどんおおきくあおくなる
きもちわるいものをせおっている
おもみが肉へおもみをたてて
こぶともなればせなかがまがる
よろけてとおるぜんしんが
こわばるまがりを架けられて
はく息までもが鉤へと転じ
どこか木片めく不器用にはまる
もえでるものの一瞬をのがさない
あれは芽じゃない彎曲だろう
そうして草あかりを釣るように
はやしをめぐってみたりする
闢くとするか剖くとするか
からだの裂開には見当がない
なげた武器がいつも手許へもどる
ぶーめらんの習いとなるだけの
くの字か鉤こそが玉条なのだ
せかいはうるわしいくびれから
かぜにうるむ畸形をみせて
そこからの枝をせおっている
 
 

スポンサーサイト

2015年04月02日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する