FC2ブログ

またまた田中宏輔さんの日記に書きこんだ短歌(阻喪篇) ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

またまた田中宏輔さんの日記に書きこんだ短歌(阻喪篇)のページです。

またまた田中宏輔さんの日記に書きこんだ短歌(阻喪篇)




微笑卵吉田とつるむ狂過程月評ならばさらに狂卵





赤褌をあまた侍らすわが宮は薔薇窓破れ東風のそよ吹く





人間をやめるも何ももともとは蛾糞しづめるわが心根が





したばらのへちま暴走藪知らず囁けるそれ、「にんげんだもの」





檸檬より幽霊すつぱい幽霊を搾りてのこる檸檬の視像





依代に異な実体化ありもくもくと旧詩のことば人と生(あ)れたり





落胆は落雁に似て和三宝少しづつ舐め口も夏風





少年の背後の瓜に錐まはす六十年後の夏や仏縁





J也グズるはつなつに付く王冠は滴のかたちす泣きのやむまで




(※最後一個前の歌は、りりこ日記に書き込んだもの、
最後の歌はもっさん日記に書き込んだものです)

スポンサーサイト



2008年05月25日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する