藤 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

藤のページです。

 
 
【藤】
 
 
せかいときそうながさで
土ふかい穴の奥へまで
しずかな淡紫でたれている
藤のはなぶさをみたい
たれることが重力にとり
なにかしらの和解だとして
それらはほそいむすめの
たたずまいであるほか
そらをちぶさのゆく
まぼろしもつたえるだろう
おちてゆくそのさなかを
とどめられる法悦は
まといあげる円筒形を
ほろびの通路にして
遺精を透かせてしまう
花ぶさがみだれるならば
そこに穴の藤がかさなって
あることの靉靆もみちる
しらない相同はおおくあり
しらないながさがゆれている
 
 

スポンサーサイト

2015年04月17日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する