百 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

百のページです。

 
 
【百】
 
 
くもる日、照る日と
まどからかぞえる
しきそのないことが
とうめいにならず
しろくひかってしまう
はなのほうそくが
たつときのとおくを
ましろにひやしていた
はなびらのはがねが
おととともにちり
やがてこだちへのこる
やわらかい胚珠が
ひゃくのかずでともる
ひとの熟すはにおいたち
ひとの熟すは空に沿う
からだからわかれる躯が
なにごとか百なるこずえの
てわたしにまで似はじめ
はがねのよぎった眼も
百にわれおとろえる
 
 

スポンサーサイト

2015年04月21日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する