坐 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

坐のページです。

 
 
【坐】
 
 
おそろしい患部によって
からだのすこしがかぎられる
そんなことがすでに
やまいではないだろうか
ぬくもりつつあるきせつでは
からだのなかに椅子をおき
からだひとつをすわらせながら
ながめるひかりすべてを
地のわずらいとかんがえてみる
ちりはじめたさくらのはなびらが
みちにこまかくふるえながれ
うごく点描がすこしでないさまは
それなら患部でないのだろう
身のうちに身をすわらせたあとは
とりわけならんだ耳のあいだへ
たちあがってゆくくみたてで
わけられぬものになろうと
にじむあたまがもたげあがる
たつよりさらにいさぎよく
すわりからくずもひきぬいて
 
 

スポンサーサイト

2015年04月29日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する