倚らない ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

倚らないのページです。

倚らない

 
 
【倚らない】
 
 
どこまでがかたちで
どこからがゆれか
わからなくみえていた
しろい花の草として
あの詩がつづられていた
九死があって一生をむすばぬ
なにかの刻々だったろう
しかくく土手がふさぐから
あゆみはそこをのぼり
ひかるものをみわたすが
どこまでがみずで
どこからが川なのか
わからなくみえていた
ただの前方へむけ
おもうことはいまもって
ながれにすら倚らない
 
 

スポンサーサイト

2015年09月26日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する