久闊 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

久闊のページです。

久闊

 
 
【久闊】
 
 
ぶさたや久闊というのは
ときのふくろにも似ていて
それらがなみあいゆくと
けしきにあやめがうまれる
きょうは二階へ裘葛をいれて
ひとり更衣をながしつづけ
ぼやけた乳白の身がひびけば
とおく真空の去るのがわかった
ずっとあわなかったなと
わびいれる機にもあえずに
こころのかたびらが奥で
身のひびきをふたえにした
 
 

スポンサーサイト

2015年10月01日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する