分銅 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

分銅のページです。

分銅

 
 
【分銅】
 
 
さっぽろへくるときがらくたといっしょに
ふれっと音痴のぎたーをすててはきたが
ないぎたーをいまもつまびくことがあって
はじきだす二音へと声をのせるうたいかたが
つぎつぎにものごとをはかる天秤のように
ときの蕩尽をゆるやかにおさめるのだ
はかりあう発声はかたちをひらめかせるから
ことばがみだらにつるみあうのをふせぐ
それでもことしはなぜか十二月にゆきがきえ
した草だけにまだらゆきがしろじろのこる
てんびん、ふんどうおとしてどこへかたむく
ふかぶかと風のとおってゆくこの歌ののち
 
 

スポンサーサイト

2015年12月13日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する