襯衣の唄 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

襯衣の唄のページです。

襯衣の唄

 
 
【襯衣の唄】
 
 
くちびるはねじるようにシャツをかみ
いっぱいつめこんだまましんでゆく
あやうくなった息がやがておもむろに
ひとつきほどで切れるのがよい
かげろうのぬまべで荷ぐるまを駐め
馬とともにすきとおってゆくのもよい
もう草ではなくしずくのみを口に
 
 

スポンサーサイト

2015年12月20日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する