これからの語調 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

これからの語調のページです。

これからの語調

 
 
【これからの語調】
 
 
わずかわが古典とはことなる
アララギがゆいいつの語調となり
大正の詩作をまきこんだように
これからの詩作のにくたいも
きっとはじらいのはるかにある
愛のことをするいずれかのときに
わきいでるゆがみがぬれひかり
ときのふちからみちるゆくたてを
ただめぐみからの椀と唄いなす
つつしみの旧縁がどこかのあいに
 
 

スポンサーサイト

2016年02月19日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する