讃歌 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

讃歌のページです。

讃歌

 
 
【讃歌】
 
 
はなのわずかにのこる葉ざくらが
よろこびのような混色でゆれる
どんなまだらがひそむかわからぬ
そのかこいのそのひろがりをも
ひとがゆきかうのはふしぎだった
「あることがあるという二重肯定が
ものみなのすきまに緩衝をなし」
日はからだをともなって雌熟した
 
 

スポンサーサイト

2016年05月12日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する