馬 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

馬のページです。

 
 
【馬】
 
 
ひとがなにかの正義で騎乗すると
それら馬は画面からかなしくはみだす
引いてはだか馬だけ撮ってほしい
そうねがうことがひとをゆうれいにする
ひとみだけみても縮率がちがうのだ
血管もふとくなみだだってけむりに似る
わかものの身の丈ほどあるのだから
くびはからだからはなれるようにたち
ながめのおくゆきで墓をならべる
それらがくうきにかすれてゆれると
おそれがくわわってはしりへとかわり
地表そのものが帯状でながれてゆく
そうだ荒地とリボンにはゆらいがある
つながりが歌なんて前世がとおるみたい
とおくは熱でもえさかっているのに
あかるくないからみたされてもいない
余分をもやしてごらんみな腑におちるから
余分のなかへきえてゆくみななのだから
いくたびもとおい内部が円筒になる
かけつくしやがてとまりくびをたれた
あんなくさはらさえさきのみえる
おぐらくおおきい筒の切り口となり
たてがみとひづめでできたうちがわも
ものをかんがえるにはかたちすぎて
むれが群として居のこりつづける
 
 

スポンサーサイト

2017年04月09日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する