FC2ブログ

少女萌え ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

少女萌えのページです。

少女萌え

 
襖より少女を嗅いで葱冴ゆる



夢喰つて快刀乱麻獏女(ばくぢよ)斬り



接いで剥ぐ少女の原資よるがほに



凝血なく白くみだれてロトの裔



夏むすめ下着をとほき樹に置けり



はつあきは蜥蜴のゆびでまはす水



躯には銀漢のあと漆食む



総身より魂(たま)出でゆきぬ鬼と寝て



少女往く還りは骨の小さ鳴り



連夜をとめとなるものを視る蓮かげに





「なにぬねの?」で近藤弘文さん主宰のコミュ、
「タイトルで詩歌句」がまたはじまった。
今度の主題はまあ、「少女」。
10句出したので、備忘のために上に載せました。
テーマがテーマなので、
破礼を踏みそうでスリリング。
僕は「なにぬねの?」では
コミュがいちばん面白いとおもう。

俳句づくりはずっと抑制していた。
今年の夏までに躍起になって作句し
まとめたものが句集単位で完結したとおもったので
(僕のサイトに『草微光』としてアップされています)。

ただ、なんかまた躯が俳句モードになり、
近藤さんに、柴田千晶さんと僕で、
コミュ立ち上げをリクエストした経緯があります。

少女句は結構むつかしい。
「趣味」で、つんのめりそうになるので(笑)



ついでに。
今日、三村京子のミクシィ日記に書き込んだ返詩と、
盛田志保子一家の盆帰りをことほいだ歌も下に貼っておきます。

少し以前、僕の日記がペーストを使った
「書き込み報告」にずっとなっていて
そっけなさすぎる、という批判が僕の教え子からはあったんだけど、
書き込みでこんな詩歌句を書いたよ、というのは
SNSにはあっていい日記内容なんじゃないかとは
いまだにおもう。
「手柄」の主張めくのはむろん駄目だけど、ね。



【手】


手は
手にあらざるものを
通過して
透明をつかんでゆく
麦が透ける向こうに
夕陽がみえ
手は無為になろうと
真夏を垂れる
捕縛を待つ
滝の手は
やがて夜の流れにも挿す
手がそうして殖える





炎昼を北上しにゆくうろくづと恋をしに行くそれだけのこと
 

スポンサーサイト



2008年08月16日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する