FC2ブログ

菊衆十句 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

菊衆十句のページです。

菊衆十句

 
菊衆と名告らんわれら草の旅



殺めの千犯して手より天に溶く



朝霧や鹿の気配ののちの金



絵師ふたり互みを描いて玄き冬



動かざる鯉よ定まる魔羅の寸



絶壁を花車がながれて処刑台



罅眼鏡悦悦と枯野枯れてゆく



しら髪に枯葉吊るして宝登のひと



岩だたみ川の区画といふは奇し



鳶高く天につくれり風の門
 

スポンサーサイト



2008年11月17日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する