FC2ブログ

泥蓮十句 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

泥蓮十句のページです。

泥蓮十句

 
晩年の譬喩かな白き泥はちす



あふれでる身の黄水やしばし寝る



二句をすりあはせて爾後を骨とする



乞ふもの何もなき夕にて配線す



酢のごときイエスのゑみを沼に溶く



十字架は頭(づ)に立つ酌まん盗人と



半盲の犬の多さよ朝やさし



水もとめなば野分ののちの菊の水



白昼に墜ちるものなしなくて鬱



夕狩に往かむ柿の生る遠(をち)を
 

スポンサーサイト



2008年11月24日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する