FC2ブログ

連句B班途中まで ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

連句B班途中までのページです。

連句B班途中まで

 
 
昨日は休日授業(振り替え日)。
二限三限のあとは
卒論卒制指導で夕方まで研究室に。
晩は、三村さんのライヴビデオの打ち上げ。
編集の小島裕梨さんの労をねぎらう。
そこに短歌の望月裕二郎くんが乱入した。

このごろは卒論卒制の指導範囲が
どんがん広がってきて、
月曜日がすげえ疲れる。

今日は午前に目医者で緑内障の視野検査、
昼に牛を扱った韓国のドキュメンタリーの試写、
夜に12月6日の黒木和雄イベントの打ち合わせ。

あいだの時間はドトールで本を読もう。
草森紳一『フランク・ロイド・ライトの呪術空間』
(あと50頁まできている)と
港千尋『洞窟へ』を鞄には入れておこう。

あ、僕が「ネット時代の書簡」という長稿を書いた
桑瀬章二郎編『立教大学人文叢書5・書簡を読む』は
外装をほどこされ書店売りの本になった。
春風社発行で、本体価格2200円也

三限、B班の連句も、昨日までに仕上げた分を
下にペーストしておきます



1 あふれたる晩のしめぢを言祝ぎつ        鈴木寛毅


2  鶏なき鍋に雁鳴くを聴く           久保真美


3 外〔と〕の面〔も〕には風の夕月窓に佇つ    牧千尋


4  ポラのレンズで鰯雲撃つ           川崎健輔 


5 さんま焼く煙はるけし秋隣           三村京子


6  脚絆を巻きて早朝〔つとめて〕に出づ     鈴木寛毅


7 金平糖響く霜夜に仇多く            久保真美


8  「おちゅんはどこぞ」と血の跡を履む     牧千尋

 
9 声もなし野火に焚かれた円い篭         川崎健輔


10  春日影〔ひかげ〕ふる椀の蛤         三村京子


11 貝合はす暖かき夜に袖ふれて          鈴木寛毅


12  神鳴らす鼓を真似る指先           久保真美


13 われティンパニの化身となれり大合奏     牧千尋


14  竪琴もちて月見れど雲            川健輔


15 うどん屋がうどん出す間の秋しぐれ       三村京子


16  新酒の銚子蒲鉾と寝る            鈴木寛毅
 
 

スポンサーサイト



2009年11月24日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する