FC2ブログ

連句C班完成! ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

連句C班完成!のページです。

連句C班完成!

 
 
つづいてC班



【C班連句】


1 きりたんぽ鶏の脂に膨らみて          森純也


2  輪もにぎやかに窓の露かな          櫻井智広


3 月の良き夜に狐狸らもつやめきて        三村京子


4  囃子聴こゆる七かまど沢           阿部嘉昭


5 裾巻きて川瀬にあらふ蟹の足          牧千尋


6  土用蜆を朝市に買ふ             森純也


7 精付きてケガレいとはず穴を掘る        櫻井智広


8  仔犬甘噛み親犬あくび            三村京子


9 冬ごもり蒲団のやうな女房と          阿部嘉昭


10  寝惚け眼で晦日蕎麦すゝる          牧千尋


11 鉄漿〔かね〕くさき口中感じ初手水       森純也


12  羹〔あつもの〕の面〔も〕に小豆飾りて    櫻井智広


13 柚味噌焼き膝枕して窓の星           三村京子


14  酔ひの合間の菊膾めづ            阿部嘉昭


15 明月や頬髭を剃りおとしたり          牧千尋


16  案山子の頭また生えるまで          森純也


17 竹ゆれて見ぬ鳥のこゑ花の中          櫻井智広


18  遠足児のせ江ノ電発てり           三村京子


19 若鮎のみどりも背〔せな〕のみどりごも     阿部嘉昭


20 御髪〔みぐし〕上げにし春の庭さびし      牧千尋


21 輪廻にて蛙〔かはず〕は欲と共に跳び      森純也


22  頭〔づ〕に青時雨五感うるほす        櫻井智広


23 山頂ゆ数人〔すにん〕の草笛とほ響く      三村京子


24  足のまめ殺ぐ縁もさはやか          阿部嘉昭


25 阿爺〔あや〕はむくつけき鬼の面をかぶりて   牧千尋


26  弱る蜻〔やんま〕を右手で覆ふ        森純也


27 夜着はいで霜の気のなか外へ出づ        櫻井智広


28  稲架〔はさ〕の向かうの山並たをやか     三村京子


29 今生の月はにしかぜ婆娑婆娑と         阿部嘉昭


30  痣のつきたる鷹匠の腕            牧千尋


31 入れ墨を彫る薄化粧の女形           森純也


32  鱗べりべり鯉滝登る             櫻井智広


33 石段〔きざし〕の上〔へ〕はためく裳裾もえぎ色 三村京子


34  恋猫ゆくは猫恋のため            阿部嘉昭  


35 はばみたる花の下枝〔しずえ〕をかひくぐり   牧千尋


36  逆さに見やる連翹の筒            阿部嘉昭
 
 

スポンサーサイト



2009年12月21日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する