FC2ブログ

言葉なき歌 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

言葉なき歌のページです。

言葉なき歌

 
 
【言葉なき歌】


あの丘のみどりは
青ぞらがかぶせたという
帽子的な地上だが
失笑によりなにも咲かない
そのほかにも光学上
青くみえる場所がある
だれかの髪の毛の
ひとつかみのような
悲鳴をおびた奥
そこに梯子が
さらなる上をのばしている
あれにのぼるのは
逆さ尾といったものだ
たつのおとしごのすがたで
日が暮れるだろう
ひとつの像からは
内在の鏡だってわかり
意味をみていない視線が
動物磁気をこぼしだす
内側にいっぱいの反映
こぼれの粉は 途方ならば
顔の夕焼に撒くしかない
  
 

スポンサーサイト



2010年02月26日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する