イメージは踊り場にいる ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

イメージは踊り場にいるのページです。

イメージは踊り場にいる

 
 
【イメージは踊り場にいる】


横たわったからだの底を
銀いろが刷〔は〕いてゆく
ただひとつの輪郭が
そうしてあやうくなって
自分が春光の壜ならば
口先から、きのうの水を
吐いているだろう

折ってうまれる草府、
おりがみの奥に
さみしい灯りが生じて
寝そべりはそれを凝らす、
聴いてもいる

相手を分身の場所に
置けなくなっておぼえた
階段中、
踊り場のしずかなこころ。
すこうし息を切らして
裏返しになったものが昇る
自他のどちらかでも
魅了はたしかに乱脈にある

昇りをしているそれが
ことさらに重力をうしなうとき
春からは、からだではなく
衣がうまれだす
いろいろの木陰を。
 
 

スポンサーサイト

2010年04月14日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する