FC2ブログ

頭山 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

頭山のページです。

頭山

【頭山】


《曇天の日にかぎって面倒がおこる》
視野に四角く截ろうとした
「前方」が揺らぐから。
ゆっくりと姿を現す「滲むもの」
臆病は足許を見て歩きつづける

草の花の青や青を吸い込んで
眼底に滑らせた数十秒
・曇天に移動が触れて寂しさよ
・眼路に青、生[あ]れては消ゆる寂しさよ

陽が雲間で手回し風琴を弾き
風体を冷やしつづけるから
不意に歌の残量が見えてしまう
本格の秋は砂時計よりもくびれる
肌着同士の行き交った今年の部屋ぬちも
過去の前方になり 点に閉じた

同じ日 京都の田中宏輔は
場所を換え 場所を換え
詩集のゲラを見直している
移動すると自分の詩がちがって見えるらしい
身の置き場が別なら眼路も別に
ならば宏輔さんが見ているのは
きっと「みんなのバード」だ
最初っから鳥の翔ぶかたちも
鳥ではなく空の残心だろう

くもりびの息を円く抜き
五条の橋から転がしてみる
淀へ淀へと 歌を懸けて

「頭山」は自我位置の矛盾
だが投身入水すべき山の池は飛び地して
小高さの薄青を眼につなげている

スポンサーサイト



2007年09月30日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する