FC2ブログ

お知らせ ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

お知らせのページです。

お知らせ

 
 
来る水曜日、六月二日、
ボレボレ東中野での
小野さやか監督『アヒルの子』の上映で
上映後、僕は監督と壇上対談をします。

作品上映開始は18時50分から。
作品の上映時間は92分。
そのあとの壇上対談です。

『アヒルの子』は「女子」のセルフドキュメンタリーの
いろいろな側面をもつ複雑な傑作。

一見、監督=ヒロイン=小野さんが
自分のいた「問題一家」を糾弾してゆく
攻撃的ドキュメンタリーにみえるかもしれないけど
実際は、「対象を撮ること」だけで
どのように「世界肯定」が起こるのか、
その真摯な報告になっている、
現代性にみちた必見のドキュメンタリーです。

トラウマと闘う真摯な作品ながら
「やさしい」映画だということ。
そのことが作品の現代性なのです。

社会的には作品を取り巻く要素として
ユートピックな自立コミュニティ、
ヤマギシ会が出てきます。
したがって現在の思想的ユートピストも
絶対にチェックする必要のある、
奥行きのある作品です。

なお劇場パンフレットには、
作品論の長稿も書きました。
監督が感涙したという内容ですが、
壇上ではそれを「もとにした」展開をしたい。
そこからドキュメンタリーとは何?
という問題にも広げられれば。

小野さんは優秀な若手監督なので
僕をコペルニクス的転換に導くのではないかと
いまからドキドキしています。

あ、宣伝ついでにいうと
現在発売中の「キネマ旬報」には
僕が書いた吉田大八監督『パーマネント野ばら』の
作品評が掲載されていますので
こちらは書店などでぜひ覗いていただければ
 
 

スポンサーサイト

2010年05月29日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する