夏の日記 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

夏の日記のページです。

夏の日記

 
 
【夏の日記】


7月26日 ゆうぐれには不夜城を置く域をかんがえる。
7月27日 あるいは手許、あるいは思考の墓域、うすいろの。
7月28日 入れ歯にみえる木の花もあるか(神がかりのディヴィーヌだ
7月29日 そうか、こうして三日間「神輿」をおもったわけだ。
7月30日 痩せているのに胸だけ飛びでた女の痛ましさ、わすれない
7月31日 「それはゆれすぎていた」と記載される白藤もみたことがある
8月1日 豆類だけを食べ、学生が用意してくれた残りをのこした。
8月2日 泡のある舌が波打ち際を行きつ戻りつする(反復のエレガンス)
8月3日 どだい馳走にたいする記憶がちがう。椀さえあればいい。
8月4日 蒼白が拡がっていた。一級上に死んだ者が出たようだ
8月5日 帽子の趣味と、時間の趣味。(消防士)夏は夕方から出動する。
8月6日 音域の分位によって空間化された西空。にぶく鳴っている西の空
8月7日 毎日ゆうぐれに一行書く日記が「心髄の備忘」になるらしい
8月8日 来るべき体言止めのため、終結可能性を収集する――映画から。
8月9日 (転記)「身にフィットする拷問では拷問性が消滅する」
8月10日 (転記)「命を賭けた、すれちがいのカッティングが十二箇所」
8月11日 「よのなかのみづ」を第五句に置く一首を成そうとはするのだが
8月12日 先端の形状の丁度良い半島もあった。そこに立ってみる
8月13日 久方ぶりの後背位、二体は帯のように崩れた。(映画)
8月14日 書かなかった言葉を数える。筆。江ノ島。K子。ポルノ。
8月15日 埴輪の眼になって浜昼顔からの徴候を透かし見た 
 
 

スポンサーサイト

2010年08月09日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する