メランコリーにして、かたち ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

メランコリーにして、かたちのページです。

メランコリーにして、かたち

 
 
【メランコリーにして、かたち】


麩を水にひたし
そのふくらんでゆくすがたに
おもいでなどがあるなら
かたちがささえをうしない
膨張してうすくするおもいでは
身となじむようにみえながら
じっさいはそのこころへ
とあるもろさをくわえ
こころでないものに変える
周囲ある風化というだけ
ひとはそういう容積性でみちたりる
みずからをとりわけておそれ
ためにわすれをもみちびきいれて
刻々こわれ破水するのだろうが
こういう耐忍が枝のゆれと
ちがいをもつのかわからないので
めのまえにある木のみどりも
眼爛凝にして、かたちだろうか
 
 

スポンサーサイト

2010年09月22日 現代詩 トラックバック(0) コメント(2)

申し訳ありません。
アドレスが違ってました。

日課表を見ると演習は火曜日の3、4限となってましたが、違いますか?

教室の場所は確認してあります。

2010年09月23日 小柳喜一郎 URL 編集

待ってます

2010年09月23日 阿部嘉昭 URL 編集












管理者にだけ公開する