けむり ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

けむりのページです。

けむり

 
 
【けむり】


秋の朝がおに花はひえて
みずからふくむ水の匂いが
係累のくさりから
とおくなってゆく記憶だから
花はそこだけを青く
しおれるまでのただのその後を
ちいさな四周の世にとどめていて
ちいささをちいさいとおもうきもちが
花にない灰のようなゆらゆらさえ
目の奥のきわに あってなきものと
ものうくみうけさせているのだが
やはり日がひとすじはしって
あさかぜをみだれてわかすにもまして
花はそこだけを青くしていた
 
 

スポンサーサイト

2010年10月12日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する