影 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

影のページです。

 
 
【影】


影にまつわるあらゆるを
眼が排除してゆくと
かけなくなる森がある
それがおまえのかくことだ
そういわれる
森のまえでおどる布も
性欲のためのまやかしで
ひきずりだすものは
いつもみずからのゆび骨
それを眼に刺し眼に刺して
森という星のすみかが
かかれねばならない
そうすれば筆の航跡も
なみのようにかさなって
かわけば発光をするだろう
星がいっぱいにあふれた
おまえのかいたものは
おまえを規定しないところの
空にねむらせて それでも
いつもおまえ自身が森のまえに
かかれなければならない
それがとぶことだ
おまえがからすなら
 
 

スポンサーサイト

2010年11月08日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する