FC2ブログ

好きな短詩篇ふたつ ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

好きな短詩篇ふたつのページです。

好きな短詩篇ふたつ

 
 
1【なだれ】
井伏鱒二


峯の雪が裂け
雪がなだれる
そのなだれに
熊が乗つてゐる
あぐらをかき
安閑と
茛をすふやうな恰好で
そこに一ぴき熊がゐる


(『厄除け詩集』より)



2【ヒトごと】
阿部恭久


ある段に
洗濯をする女の白い脛を見て
落っこちた仙人の話がある

彼、「大和の国、吉野郡の竜門寺にこもって
仙法の修業をし飛行の術を習得したという。」
たいへんに努力家だったのだ


(『恋よりふるい』より)



詩はやっぱり、しなやかでなくちゃ。
ちなみに、井伏詩篇の「茛」は「たばこ」
 
 

スポンサーサイト



2011年02月22日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する