手の一歩 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

手の一歩のページです。

手の一歩

 
 
【手の一歩】


日録の意味がうすくなったとき
きみはその形式を変化させようとして
ついきみじしんの変化をそこに繰りひろげてしまう。
たんに並列だった諸日のことがらが
尾をもった連鎖として生物化してゆくそのはざまで
時間ときみじしんの生物性が競われて
きみのしごとはきみじしんの影の位置に見えがたくなる。
きみは考えをやめることについて考え
考えないことをさらに考えない怪物に堕ちて
あらたな散在形式のなかへ点々と二重化してゆき
二重化の狭隘をも脈動しだすことになるが
それが全身装着感の隙間のなさにまで昇りつめた暁には
きみは時空に限定されない広大な浪に直面して
精神とは別の次元で奇妙な懐かしさをおぼえだす。
部屋よりも階段の多かった家として
いまとかつてに相わたり被災地がみえている。白木蓮も。
手の一歩だけが視覚をそうしてかえる。
風景は発狂している。
 
 

スポンサーサイト

2011年03月25日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する