FC2ブログ

木喰 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

木喰のページです。

木喰

 
 
【木喰】


半径何十キロメートル
ということがいわれるようになり
往古から境界神がやってきて
その線上をひっそりと憩いだした
めじるしの場所は貧相な百日紅
やがてくれないとしてつづく連日が
いつも途中の途中でありうるよう
境界神のこじきのからだも
百日の曲に飾られてただまわる




集英社新書の春日武彦『奇妙な情熱にかられて』
を読み出した。
春日さん的なレファレンスの、魔術的精髄。

引用される細部がおもしろく
同時に、その連関もすばらしい。
ベンヤミンの幼児回想につうじる繊細もある。
脳髄にある、細民街の路地をゆくようだ。

その67頁のテルミヌス(境界神)の記述と
その後の記述から
上の詩篇をでっちあげたが
これまた震災詩篇となってしまった
 
 

スポンサーサイト

2011年05月05日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する