半径 ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

半径のページです。

半径

 
 
【半径】


半径というものは
もえあがるでしょ と
瞳孔で光量を
おとした老人どもが
ふはは ふはは
畔がゆれている

延長がいつも
しろすぎるとはおもっていて
夢をみすぎた後頭部の
かれくさもこげていらあ

看板書きをやっていたが
書くべき看板が
おそろしいことに
つぎつぎうかんでいて
いつしか湖央へきてしまう
さいごの看板を舟にしていると
風が 轟々とわたってゆく

文字文字文字
おんなでもないのに
ひるの星すら映す湖面は
ぼくの半径に
しずかに挿入された
 
 

スポンサーサイト

2011年05月17日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する