FC2ブログ

琵琶のかたちの ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

琵琶のかたちののページです。

琵琶のかたちの

 
 
【琵琶のかたちの】


縞になっているきもちを
かなしむこころが
両膝をかかえさせている
そう見咎めて
両腕それじたいの
きらめく価値をいった

いだくものはいだかれるものと
ついにことなって
氷塊らしきもの はこばれる。
そのまひるまをうちふす
荷車のあたりだろうか
ゆりが粉とともにこぼれて
くさの腐敗も散っている

あふれた夏の、ひかりのあゆ

荷車ではピエタがあって
やがて
まわるものだけ選ばれてゆく
すいかの匂いの相変わらず
両膝をかかえるとそれもわかり
おおきな生簀のある
天の色の庭をみて
しれず、夏の円さにはいった
そのようにちかづきながら

うむことは、とぼしいか
 
 

スポンサーサイト



2011年07月04日 現代詩 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する