FC2ブログ

いろいろ ENGINE EYE 阿部嘉昭のブログ

いろいろのページです。

いろいろ

 
 
本日店頭の「図書新聞」に
福間健二監督『わたしたちの夏』についての
ぼくの評が載っています。六枚。

映画といえば、
死亡説をくつがえし公についに再登場した
曽根中生の告白に釘づけになった。
借金逃亡後は妙に具体的な人生を送ってきたのだなあ。

「臼杵」「ヒラメの養殖場」
「磁粉体製造装置」「エマルジョン燃料装置」といった固有名詞に、
すぐれた小説同様の、
リアリズムの凄みを感じた。

曽根さんの「現状」については、
玄界灘にコンクリート詰めになって沈んでいる、
という風評が、90年代前半当時、
「トラック運転手説」よりもつよかったとおもう。

生存、を、個人的につたえられたのは、
先週月曜、大浦信行監督と王子で呑んだときだった。
本日の記事によれば
由布院映画祭で田中陽造と語りあったという。
よきこと



昨日は大工原正樹監督
『姉ちゃん、ホトホトさまの蠱を使う』評
(結局、サイト用になった)を仕上げたのち、
ネット詩誌「四囲」の反省&親睦会&企画会議で横浜へ。

詩作行為、そのネット発表、批評と実作の両輪性等について
同人と語り合ったが、かなりの落差を感じる。
一軒目の沖縄料理屋があまり口に合わなかったのが問題か。

中島悦子さんと小峰慎也さんが芽出度く新同人に!

詩とは、「自分についてしか書けないこと」と
「自分についてだけは書いてはならないこと」の
「中間」に響くことばの何かだ、
という自分の発言が頭に残っている。

それと「阿部さんは西脇に依拠した長い詩を書くべきだ、
短い詩篇は圧縮性がつよすぎる」という近藤弘文くんのことばも。

当日、ぼくが批判したもの。

1)引用がままならないレイアウトに凝った詩篇(詩篇の民主的流通に反する)。

2)他人の詩にコミットしない消極的な生。

3)賞の付与など無闇矢鱈な自己権威化。

4)詩集・詩篇を「部分」をもって褒めること。

5)廿楽さんの『化車』の編集

6)天才神話に回収されてしまうだけのロマンチックで無内容な詩観。

7)「○○は文学的だ」という論難が自己反射的にもつ文学性
(ぼくのいう「ナマイキの法則」の範疇にある言説のすべて)。

8)擬制としてであっても「ネット民主主義」への貢献を考えない生き方
(ただしこれは「ネットは貧民の武器だ」というときの
「貧民」にのみに該当する規範)
 
 

スポンサーサイト



2011年08月27日 日記 トラックバック(0) コメント(0)












管理者にだけ公開する